~ ヘビと暮らす平凡なOLの日常 ~
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/05(月)
午後はルクソール東岸の観光へ。
正直午後は暑すぎてバテ気味。40℃くらいあったかな。
乾燥してるから気温の割りに大丈夫だけどやっぱり暑いものは暑い

まず向かったのは 『カルナック神殿』 。
カルナック神殿正面

門を抜けて少し行くと有名な多柱室があります。太くて大きな柱がたくさん立ってます。
多柱室

その部屋を抜けると巨大な2本のオベリスクが立っていました。
そのうちの大きいほうの1本が下の写真です。
オベリスク
全部をフレームに入れるのに苦労しました。本当に大きい!
そしてなんとこのオベリスク、1つの岩を切り出して作ったもの!驚きです

さらに進むとスカラベの像がありました。
スカラベは糞ころがしのこと。あんまりいいイメージじゃないけど、
古代エジプト人には糞が太陽のように見えたらしく、太陽を持ち上げているようで
とても縁起がいいものとされていたようです。
ふんころがしの回りをクルクル
そしてこのスカラベ像の回りを3回まわると願い事が叶うとか。
そして7回まわると幸せになれるそうで。私たちは7回まわりました

このカナルック神殿、完成したものではなく作りかけだったようです。
入り口の門の裏に日干しレンガが積まれていました。
壁の横に積まれた日干しレンガ 日干しレンガ
この日干しレンガを足場として使っていたそうで、当時どのように作業してたかがうかがえます


次に向かったのは 『ルクソール神殿』 。
ルクソール神殿
入り口にはオベリスクとラムセス2世の像があります。
(引きの写真を撮ってなかった。。。)

ここで有名なのはナント神殿の上にイスラム教のモスクが建っているんです。
神殿の上のモスク
神殿が砂で埋まってた頃にモスクを建てたとか。後に神殿が掘り出されてこのように。

中はラムセス2世の像がたくさんありました。
ラムセス2世の像たち
現地ガイドさんがラムセス2世のことを 『ラムちゃん』 と友達のように呼んでたのがよかったw
ラムちゃんはナルシストだったそうな
ラムちゃん

午後の観光はこれで終わり。
ホントはこの後、オプションのツアーがあって他の人はフリータイム。
だけどオプションツアー行かなかった人たちでルクソールの街へ繰り出すことに。
もちろん自分達だけで行けないので添乗員さんとガイドさんも一緒に来てくれました

それまでは一旦ホテルで休憩

部屋の窓からの景色

ホテルの敷地からナイル川の夕日を見ながらのんびりしました。
何か南国のリゾート地に来たような雰囲気でした
ナイル川の夕日

日が落ちかけたらみんなで街へ出発~!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://withsunglow.blog58.fc2.com/tb.php/256-e0c3ddf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

keiko

Author:keiko
年齢:30
性別:女
血液型:A
最近の趣味:一人カラオケ、フットサル、ダーツ
好きな物:お笑い
-----------------------
コーンスネーク(サングロー)の
サン♂と暮らしています。
-----------------------

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
 | with sunglowTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。